「配慮」 | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 老舗温泉旅館とコラボ! | main | 学ぶ意味 >>
「配慮」
0

    先日こんなことがあった。

     

     

     

    生徒とエレベーター乗ってて、

     

    俺「これ非常ボタンなんで2つあるんだろね?俺いっつも閉まるボタンと間違えそうになるよ」

     

     

    生徒「あ、それは車椅子の方用です。」

     

     

    俺「あ、ごめん。なんか。」

     

     

     

    こんなやりとりがあった。

     

     

     

    俺にもまだまだ知らない事がたくさんある、配慮が足りないことも多々。

     

    その度に反省して、気をつけて、の繰り返し。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ネットの発達やSNSの登場によって俺たちにできることが増えてきた。

     

    その反面ネットリンチや過激行動など問題もたくさん起こっている。

     

     

     

    俺はあまり詳しくない問題にあれこれ言う立場ではないから個別の問題については言及しないけど、

     

     

    これだけは言える。

     

     

     

     

    ネット社会は人間の内面を剥き出しにした。

     

     

     

    匿名を良いことに人の気持ちを考えない行動がどんどん増え、誹謗や中傷を平気で行える奴も出てきた。

     

     

    きっと、元々噂話や陰口なんてのはあったんだろうけど、

     

    ネットという「世界中に向けて」大声で言える道具ができちゃったもんだから

     

    歯止めが効かなくなったんだろう。

     

     

     

     

     

     

     

    その反動として、「配慮」が求められるようになった。

     

    正義を楯に取った「自称警察」達が「完璧な人間」を主張して他者を攻撃するようになった。

     

     

    そんな立派な人間いないだろう、、、って思うような事も、

     

    自分自身はそんな立派な人間なのか?と言う事も

     

    匿名で見えないのを良いことに

     

    相手の気持ちを考えない(悪い奴に人権は無いなのかも)人たちが続出している。

     

     

     

     

     

     

     

    俺も立派な人間じゃ無い。

     

     

    でも、俺の背中を見ている生徒や信頼を受けている人たちがいるから

     

    「人として」の配慮はもちろんしている。

     

     

    でも、もしかしたら誰かを傷つけてしまうかもしれない。

     

     

    それが世の中。

     

     

     

     

     

    問題はその時。

     

     

     

     

    自分が傷つけた「誰か」は

     

     

    自分が直接「刃」を向けた相手なのか?

     

    相手に本当に申し訳ないって思うのか?

     

    自分が謝る事で「世の中」は良くなるんだろうか?

     

     

     

    この全ての質問にYESが出たら、何の迷いもなく謝る。

     

     

     

     

    さっきのエレベーターもそう。

     

    俺の頭の中に車椅子のカンボジアの子やアフリカのおばあちゃんの顔が浮かんだ。

     

    その人達に申し訳ないと思った俺がいた。

     

    そしてこう言う記事を書くことで、同じように知らなかった誰かが、

     

    俺と同じように「ハッ」として、

     

    俺と同じようにこれからの「配慮」を意識する事で、

     

    世の中がちょっとでも良くなると思った。

     

     

     

     

    どこの誰かも知らない誰かに「傷ついた!」って言われても

     

     

     

    「あんた誰?」

     

     

     

    ってなる。そこまでの配慮なんて俺にはできない。

     

    そりゃよっぽど人が傷つく、名誉毀損や侮辱に当たる言葉を吐いたなら別だけど。

     

     

     

     

     

    そんな「配慮」の基準をそれぞれがちゃんと持たなければいけない、そう思う。

     

     

     

     

    そして、、、

     

     

     

    ちょっとでも多くの人と友達になって、いろんな人の人生、いろんな人の状況を

     

     

    分かり合って行きたいと思う。

     

    | 生きる授業 | 14:42 | comments(0) | - | - | -









    このページの先頭へ