なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.33 | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.32 | main | なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.34 >>
なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.33
107

【永野さんのバッグが知事に!!】

 

 

「さぁ行こう!」

 

 

重い扉が開く。

 

 

 

この扉の奥に、、、

 

 

 

と思ったら、ここはほんの入り口。

 

 

 

ここから階段を上って、通路を進んで秘書室へ。

 

 

 

もちろん携帯なんて出せない( ̄ロ ̄lll)

 

 

 

 

出せる空気じゃない。

 

 

 

 

 

さらに秘書室のところではボディチェックの上、携帯を含む全ての身の回り品を置いていくよう言われる。

 

 

 

 

 

 

怪しいことしたら俺、帰れないね、、、

 

 

 

 

俺は知事へのプレゼントに、とアメトーークで預かった芸人永野さんのバッグと習字を持ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんチェックを受ける( ̄ロ ̄;)

 

 

 

 

What's this?(これは何だ?)」

 

 

 

 

い、イッツ、すーべにいる(お土産です、、、)

 

 

 

 

 

警備の人から秘書さんへ。

 

 

 

 

めちゃくちゃ厳重なチェックを受ける(´Д`。)

 

 

 

「これは何?何でスタッド付いてるの?」

 

 

「これは何?日本語か?」

 

 

「これは何?なんて書いてあるの?」

 

 

 

まるで面接のような質問を全てクリアし、秘書さんから

 

 

 

 

「OK。行ってこい!頑張れよ!」

 

 

 

って.。゚+.(・∀・)゚+.゚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よっしゃ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉が開く。

 

 

 

 

奥には知事さんが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで普通なら緊張するところなんだけど、俺は逆に緊張が緩む。

 

 

 

(よかった。同じニンゲンじゃん。)

 

 

 

武器を持ってるわけでもなく、敵意を持ってるわけでもない。

 

俺と会って話したいと思ってくれる人。

 

 

 

トモダチじゃん!

 

 

 

って俺の脳が考えている(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知事は色んなことを質問した。

 

 

「なぜ君はこの国に来たのか?」

 

 

僕たちが行う教育支援活動の中でアナナと出会い、この国でも学習や教育の面において手助けすることが出来ると考えたからです。

 

実際にこの2日間で学校や孤児院、村を訪れ幾つもの授業を行いました。

 

 

 

 

 

「君は戦争を知っているのか?」

 

僕は戦争を知らない世代です。でも、僕のじいちゃんとばあちゃんは戦争を経験しました。僕は先生になって、戦争のことをたくさん学びました。

 

75年前、日本は各地が空襲で焼け野原になり、広島と長崎には原子爆弾が落とされ多くの人が死にました。人々が仕事を無くし、家を無くし、大切な人を亡くす、それが戦争だと学びました。

 

日本がなぜこのような経済大国になったのか、それは多くの国が日本を助けてくれたからです。

 

 

アメリカは多くの経済的支援を。アジア各国は動物を送って子ども達の心のケアを。他にも多くの外国から教育、医療、工業、と様々な分野で応援してくれる人がいた。だから日本はこんなに立派な国になったんです。

 

だから今度は僕の番だと思いました。

 

カンボジアもルワンダも。そしてこのコンゴも。僕のじいちゃんやばあちゃん達が受けた恩を僕は返していこうと思います。

 

 

 

 

「この国を見てどう思ったか?」

 

 

僕はカンボジアやネパール、ルワンダと戦争や内戦、天災によって「頑張りたくても頑張れない」状況にある人々を応援してきました。

 

この国でも見た光景も多くは同じものでした。

 

路上で暮らす子ども達。

 

少ない教材で学ぶ学校の生徒達。

 

大変なことはたくさんあります。

 

でも、、、

 

子どもも大人も、みんな「学びたい」と言う熱い気持ちを持っているのを僕は見ました。

 

 

その気持ちに応えたい。

 

 

そう強く思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう言うと、知事は言った。

 

 

 

「ありがとう。君の行為をこの国を代表して感謝する。」

 

 

 

 

 

よっしゃ!(。ゝω・。)ゞ

 

 

 

 

 

 

よし!このノリなら、、、、

 

 

 

 

いけるか???

 

 

 

 

いっちゃうか!!!!

 

 

 

でも、、、

 

 

 

失敗して怒られたら国際問題だぞ、、、、

 

 

 

 

永野さん、頼むぜ!!!

 

 

 

「知事に日本からお土産を持ってきました。」

 

 

 

これは日本で超人気のあるスターがデザインしたバッグです。」

 

 

 

 

 

 

ごめん、、、

 

 

盛った(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知事は、

 

 

 

ワオ。これは素晴らしい。ワイフがきっと喜ぶよ。

 

 

 

 

 

 

 

よっしゃ!(。ゝω・。)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでは想定の範囲内。

 

 

 

問題は次だ。

 

 

 

 

習字、、、。いけるか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「知事、これは、、、

 

 

そのスターが書いた日本の「習字」と言う書です。

 

 

日本人は大事な言葉をこのように紙に書いて心に刻みます。

 

 

これは「日進月歩」

 

 

「一歩一歩着実な歩みを進めていく」と言う意味です。

 

 

まさにコンゴが今そうであると思い、そのスターと二人でこの書を送ることを決めました。

 

 

僕たちはこれからもコンゴを応援します。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知事の顔が緩む。

 

 

 

 

 

「こう言う時日本人は何て言うんだい?」

 

 

 

 

 

アナナがすかさず

 

 

「アリガトと言います。知事。」

 

 

って教える。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると知事が言った。

 

 

 

「アリガト」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおおおお!!

 

 

永野さん!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリガトいただきました!

 

(●♡◡♡●)

 

 

 

 

 

 

 

 

想いは通じる。

 

 

 

日本の一教師が、日本を背負って世界で授業をする。

 

 

その道は細くて険しいものだったけど、こうして国を代表する人たちの心に留まった。

 

 

 

だからやっぱり俺は信じてしまうんだ。

 

 

 

 

世界は変わる。

 

 

 

変えてやる!

 

 

 

って。

 

 

つづく

 

 

 

 

| 世界修学旅行 | 10:11 | comments(0) | - | - | -









このページの先頭へ