なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.10 | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 本日!なかよし学園が「アメトーーク」出演!!! | main | なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.11 >>
なかよし学園ルワンダ・コンゴプロジェクト2020 vol.10
0

    【ルワンダで習字】

     

    続いて、アメトーークコラボの第2段!

     

     

    日本の文化、習字を教えよう!!

     

     

     

    日本人は正月(New Years Day)に自分の心を集中して、大事な言葉を文字に書くんだよ。

     

     

    これは漢字で「命」と書いてある。

     

     

     

     

     

     

    「命」。

     

     

    それはここルワンダでは特別すぎる意味を持つんだ。

     

     

    25年前の4月。

     

     

    大統領の飛行機事故をきっかけにずっと対立を続けていたツチ族とフツ族の対立が激化。

     

     

    フツ族がツチ族に対してジェノサイド(大虐殺)を始めた。

     

     

    その数なんと100日間で100万人

     

     

    100万人ってピンと来ないよね。

     

     

    秋田県の人口って言うとどうかな?

     

     

    100日間で秋田県の人が全員殺されるとしたら、、、、

     

     

    そんな恐ろしい話、今のルワンダからは想像もつかない。

     

     

     

    だから今回、芸人永野さんの習字の中に「命」を見つけて、

     

     

     

    これはここでやるっきゃない!!

     

     

    って思ったんだ。

     

     

     

    書き順を教えながら、「命」の意味を教える。

     

     

     

    初めて触る「筆」と「墨」。

     

     

    そして、「こんなに大きく文字を書くことなんてなかったよ!」って。

     

     

    みんな興味津々。

     

     

     

     

     

     

    これが彼女の「命」。

     

     

    ずっと大事にしてほしい彼女の命。

     

     

    only one の命。

     

     

    お互いの想いは1つになった。

     

     

     

     

    次々に習字に挑戦!!

     

     

     

     

     

     

    どう?

     

    お手本通りにちゃんと書けてる??(笑)

     

     

     

     

     

     

    「言霊」ってある。

     

     

    日本では「言葉に出して言うと現実になる」と言う意味。

     

     

    言葉は魂を持つから。

     

     

    井上マスクを使って説明したのも、

     

     

    「良い言葉は相手の優しい気持ちを育てる」

     

     

    と言う教えだった。

     

     

     

     

     

    この永野さんの習字も

     

     

     

    「大事な言葉を文字に書くことで

     

     

    大事にする気持ちが増す」

     

     

     

    って言うことを教えることができた。

     

     

     

     

     

    まさかこんな使い方???

     

    って思うかもしれないけど、先生ってそう言う仕事。

     

     

    何も無くても、学校さえなくても、

     

     

     

    アイデアひとつで世界を変えてやる!

     

     

    って生徒に魅せる仕事なんだ。

     

     

     

     

     

     

    校長先生も挑戦( ̄▽ ̄)ノ

     

     

     

    命の意味を教えて、、、、

     

     

    書くことで、命を大切にする気持ちが増していく。

     

     

     

    校長先生は

     

     

    「日本の文化は素晴らしい。今まで話で聞いたことはあったが、実際に日本人に会うのは初めてだ。しかもあなた達は私たちの生徒のことを考え、授業まで見せてくれた。こんな授業を毎日受けることができるから日本人がインテリジェントになって、日本という国が発展し続けるのも納得できた。私たちもあなた方を見習わなければならない。しかし私たちには無い物が多すぎる。どうかまたこの学校を訪れ、私たちの生徒のために授業をしてほしい。あなたはもう私たちの先生だ。本当にありがとう。神に感謝する。」

     

     

    って、俺の目を見て熱く語った。

     

     

     

    人が喜んでくれるって、最高の瞬間。

     

     

     

    自分が嬉しい時の何百倍も嬉しい。

     

     

     

     

    俺たちなかよし学園のスローガンはこの気持ちから生まれた。

     

     

     

    Love Others for yourself

    (自分のために誰かを愛そう)

     

     

     

    誰かが心の底から喜んでくれた時、自分がこの世に生まれてきてよかった!!って思う。

     

     

    相手を愛することで、自分が愛されてる!って実感が生まれる。

     

     

    だから相手を愛そう。見返りを求めるんじゃなく、自分が嬉しいから。

     

     

     

    俺たちのTシャツに書かれたこのスローガンはそう言う意味なんだ。

     

     

     

    世界で活動するといろんな人にこの言葉の意味を聞かれるんだ。

     

    この校長先生にも聞かれて説明した。

     

     

     

    最後に校長室にって「熱心」の文字をプレゼントした。

     

     

    意味は「to do everything hard」

     

     

    何事にも本気で取り組もう!

     

     

    校長先生はとっても喜んでくれた。

     

    もちろん俺も。

     

     

     

    また1つ、俺が先生になる学校が増えた。

     

     

    さぁ次の授業へ向かって!

     

     

     

    俺たちの旅はまだまだ続く。

     

     

     

    NPO法人なかよし学園プロジェクトHP

    http://www.nakayoshigakuen.net/npo/index.html

    | 世界修学旅行 | 23:50 | comments(0) | - | - | -









    このページの先頭へ