カンボジアからの便り | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 単語と年号テストに挑戦しよう! | main | 海上自衛隊の護衛艦に乗った!.。゚+.(・∀・)゚+.゚ >>
カンボジアからの便り
0
    JUGEMテーマ:学問・学校

    なかよし学園カンボジアプロジェクトを始めてからFacebookやメールでカンボジアの学校とか孤児院とつながってるんだけど、先日チョークや文房具を持って行った学校の子が高校に合格した!って便りをもらった。

    学校に通えて当たり前、の日本とは違って、カンボジアの就学率は驚異的だ。
     

    小学校 都市部 91.6% 過疎地 82.5% ※ただし卒業するのは約半数 

    中学校 都市部 41.3% 過疎地 3.9% 

    高校 都市部 22.7% 過疎地 0.2% 



    高校に通う子が、過疎地で0.2%しかいない。
    その0.2%に合格したんだから、めっちゃスゴい事なんだ。
    ほんと、おめでとう!


    高校を出て、大学まで行ければエリートコース。将来のカンボジアを担う人材になってくれるはず。
    最近は首都プノンペンにイオンが進出するなど、外国企業がどんどん入ってきているカンボジア。
    そこでビジネスを学んだ人達がカンボジアブランドを作って国を引っ張ってってほしいな。



    そして高校を出て日本語を勉強した子はドライバーやガイドになって、貧しい暮らしから抜け出していける。
    というのも過疎地では自給自足型の農業が中心。商品として作物を売る農業ではなく、自分たちが食べる作物を作り、路上販売などで得たわずかなお金をやりくりして生活している人が大勢いる。


    勉強したって将来何の役にも立たない、、、と日本の子どもが言う。
    でも、俺が会ったカンボジアの子たちは「勉強したい!」と言っていた。

    井戸の掘り方を教えた日本人がいた。
    農業のやり方を教えた日本人がいた。
    医療を教えた医者がいた。
    エイズの怖さと予防を教えた看護師がいた。

    そういう人達が教え伝えた「教育」によってこの国は内戦から少しずつ「発展」してきている。


    今、シリアを中心に大勢の人が戦場で苦しんでいる。
    やがて愚かな戦争は終わる。
    その時に必要なのは間違いなく「教育」なんだと思う。
    人々が武器を捨てて、未来を描き始めたら、俺もチョークと筆記用具もって応援しに行きたいな。


    If we have no peace, it is because we have forgotten that we belong to each other.
    (もしも私達が平和じゃないなら、それは私達がお互い所属し合う関係、つまり仲間だって事を忘れているからだよ)
    by マザーテレサ



    世界中の同じ”人間”を仲間だと思える世の中にしていきたい!
    だから俺は世界中を旅して、学んで、友達を作るんだ!
    お互いを応援し合える「仲間」を作ろう!
    君の隣のヤツは敵じゃなくて、仲間だ。
    笑ってみようぜ。おはよう!って声かけてみようぜ。
    そいつの好きなもの、一緒にやってみようぜ。
    俺みたいなちっぽけな人間はそんな所から世界をちょびっと変えていこうと思ってるよ(笑)
    | 生きる授業 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://kotyoblog.jugem.jp/trackback/1578805
    このページの先頭へ