「いじめ」と「ふざけ」の境界線 | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< めっちゃ勇敢なアメリカ娘ジェニファー | main | ワールドカップでドイツの勝利をドイツで祝う! >>
「いじめ」と「ふざけ」の境界線
0
    JUGEMテーマ:地域/ローカル

    Facebook見てたらこんな記事見つけた。
    http://spotlight-media.jp/article/111804602810523610?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=own_page



    世の中まじめなことだけじゃ詰まらない。
    だから誰かをからかったり、からかわれたりして、そこに「笑い」を生み出して、日常をより楽しくしていく。
    そんな考え方自体に俺は賛成だ。


    でも、この記事の内容はひどい。
    自閉症の少年を誘い出して、「アイスバケツチャレンジ」に見せかけて、汚物だらけの汚水をぶっかける。
    やった少年達は加害者として刑事罰を受けたそうだけど、そんなの当然だ。


    俺も自分の授業中、生徒が出した間違えた答えに突っ込みを入れて笑いにすることはよくある。
    みんなも、冗談言ったり、「アホだなぁ」って突っ込み入れたりすることはあるだろ?
    それ自体を否定するつもりは全然無いんだ。

    でも、そこには「絶対守らなきゃいけないルール」がある。それを知っておいて欲しい。


    「いじめ」と「ふざけ」の境界線その1
    自分が同じ事やられても笑えるか?



    このバケツチャレンジ、同じ事を全員が順番でやったんなら結果はまた違ったんだと思う。
    (それでも嫌だと言う人もいるから、それは場合によるけど)
    冗談で笑えるのは「みんな平等」が大原則。
    一人だけ集中していじるのは「いじめ」。
    よくニュースで見る「人前でパンツ脱がす」とか「机やノートに落書きする」って行為。
    同じ事をやってるヤツらが順番でやってみればいい。それでもみんなで笑えるなら、それはそいつらの中ではありにしていいんじゃないか?
    でも、そういう「ふざけ」をやってるのを見て「不快」に感じる人もいる。
    そういう人を巻き込んじゃいけない。それがルールだ。

    だから俺は生徒の誤答をいじる前に、めちゃくちゃ自虐ネタで「俺もこんなアホな間違いしてたよ」「同じ同じ。勉強すればできるようになる」って話した上で、生徒が「sometimes」を「ソメチメス」って読んだのを「ギリシャの哲学者か!」っていじる(笑)
    (俺も高校生の時、「junior」を「じゅにおあ」。「senior」を「せにおあ」って読んで、先生に「セニオアルーズベルト大統領ですか?」って突っ込まれたし、、、)

    間違った生徒も「やべぇ(笑)」って笑える。「先生、俺ちょっとおいしい?」って言える(笑)
    それが笑いってもんじゃないか?



    「いじめ」と「ふざけ」の境界線その2
    お互いの信頼関係があるか?



    親が子どもを「アホだなぁ」ってつっこんだり、漫才コンビが「あほちゃうか?」ってつっこんだり、友達同士が「馬鹿だなぁ」ってつっこんだり、先生と生徒が「アホやなぁ」ってつっこんだり、そういうのは「信頼関係」があって初めて成り立つモノ。

    どうしてもテレビの影響で「ボケ担当」とか勝手に決められて、キャラ付けされて、「俺達を楽しませろ」的な勝手なルールで誰かが笑いものにされている。(お笑いの人達は「笑わせてる」。いじめられっ子は「笑われてる」。全然違う)
    あげく、ギャラをもらえるどころか、家から金まで持って来いって、、、俺がその子の代わりに言ってやる。

    「その子はおめぇの為に生まれてきたんじゃねぇ!
     オメェミタイナヤツニ大事な人生の時間を奪われてめっちゃ損してんだ!」



    だからやっぱり、「お互いがつっこめる」ていう「平等」な状態がないといけない。
    俺は生徒にたくさん突っ込みを入れるけど、生徒も俺を突っ込みまくる(泣)
    「先生ヤバい。アホすぎる」って言われる。

    だってそれは知ってる人同士だから、「本気でそんな事言ってるわけじゃない」って信じられるんだ。
    自分のこと全然知らないヤツにそんな事言われたら、人格を否定された気がして
    「はぁ?お前に言われる筋合いねぇよ」ってキレてしまうのは当然だろ。

    だから大して人の事も見ないで突っ込み入れるなと言いたい。
    突っ込み入れたかったら、お互い突っ込み合える関係を築けと俺は言いたい。

    よくこのブログにも相談が来るけど、言葉を投げかけた相手は予想以上に傷ついてる事ってよくある。
    ツッコミには相手を傷つけない優しさがこもってないと絶対ダメなんだ。
    人のコンプレックスはネタにしちゃいけない。それができるのは自分の気にしているコンプレックスを突っ込まれても許せる関係だけだと思う。やっぱお互いそれが言い合える関係じゃないとダメ。
    「お前には言われたくない」と思ったら、その子のこともネタにしちゃいけない。

    信頼関係がある中では「本当に傷つく」事は絶対言わない。俺も大人しい子には人前では突っ込みを入れない。その子と二人で話してる時に入れまくる(笑)太ってる子がいたら「俺の方がヤバいけどな」って自虐で笑う。「俺なんかもっと、、、だぜ」って相手を笑わせる。それが愛って言うもんじゃなかろうか?


    そういう事をはき違えているヤツらがこの世界にはたくさんいる(らしい)。
    俺の周りにはいないけど。
    だから大人になって会社に入ってもいじめてるヤツがいるなんて悲しい話を聞くんだ(泣)

    俺は絶対いじめは許さない。
    アイツだからいじめられていい、なんてヤツはこの世に一人もいない。

    誰かががいじめられていいって言うルールなら、いじめてるヤツをいじめたっていいって事になる。
    「俺はいじめちゃダメだ!いじめるならアイツだけにしようぜ」
    そんな考えが通る訳ない。
    かといってそいつをいじめようぜ、とは思わないよ。
    みんながお互いツッコミ合えるくらいの信頼関係を作ってくれたらいいなぁと思うだけ。

    もし君が、今の人間関係を考えた上で、俺が出した二つの境界線を越えていたら今すぐそれをやめるべきだ。

    同じ事をやられても許せる?


    その人と本当に信頼関係が出来てる?


    よぉく考えてみてね。




    なかよし学園 中村雄一
    | 生きる授業 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    トラックバック機能は終了しました。
    このページの先頭へ