中学入試の基礎用語チェック! | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 中学受験に向けて!理科の基礎用語チェック! | main | 新学期、勉強についていけてるか? >>
中学入試の基礎用語チェック!
0
    JUGEMテーマ:学問・学校

    <解答編>

    種子の中で発芽して成長していく部分を(はい)という

    種子の中で発芽に必要な養分を蓄えている部分を(はい乳)という

    はい乳を持たない種子は(子葉)に養分を蓄えている

    種子の内部を乾燥から守る働きをしているのは(種皮)である

    発芽するときに初めに出てくる部分は(子葉)である

    発芽した後に本葉になる部分を(幼芽)という

    発芽した後に茎になる部分を(はいじく)という

    発芽した後に根になる部分を(幼根)という

    子葉、幼芽、はいじく、幼根を合わせて(はい)という

    発芽に必要な養分をはい乳に蓄えている種子を(有はい乳種子)という

    発芽に必要な養分を子葉に蓄えている種子を(無はい乳種子)という

    子葉が二枚の植物を(双子葉植物)と言う

    子葉が一枚の植物を(単子葉植物)と言う

    発芽に必要な条件について
    種子が活動を始めるために必要なのは()である
    種子が呼吸をするために必要なのは(空気)である
    種子が活動するために最適な温度は(30)度前後である

    発芽後、植物が成長していくためにはこの他に()や(肥料)が必要となる


    双子葉植物の根は中心を通る(主根)と、枝分かれする(側根)からできている

    単子葉植物の根は細かく分かれた(ひげ根)でできている

    双子葉植物の茎は、茎を強くする(形成層)をはさんで、水が通る(道管)が()側
    に、養分が通る(師管)が()側になっている

    単子葉植物の茎には(形成層)がなく、道管と師管を合わせた(維管束)がバラバラに分
    布している

    双子葉植物の葉は網目状の(網状脈)になっている

    単子葉植物の葉は直線の(平行脈)になっている

    植物ははい珠が子房に包まれている(被子植物)とはい珠がむき出しになっている(裸子
    植物)に分かれる。

    被子植物は一つの花の中に(おしべ)と(めしべ)があり、(おしべ)の中に入っている

    花粉が(めしべ)の先にある柱頭に受粉することによって種ができる。

    | 理科! | 17:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    http://kotyoblog.jugem.jp/trackback/1578010
    このページの先頭へ