習志野市で行われている地域ボランティアに参加! | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< ありがとう!14000アクセス! | main | 文部科学省のHPが面白い! >>
習志野市で行われている地域ボランティアに参加!
0
    今日は習志野市で行われている「you and me ドット たまり場」という団体に参加してきた。

    引きこもりや、ニートの子どもを抱えた経験のある方や現在抱えているお母さんたちが中心となって活動しているグループだ。


    その会で2時間ほどスタッフの方々とお話をしたんだけど、俺も不登校の生徒と何人も出会ってきて、再登校したりもう一度社会復帰するのを応援してきたから、すごく活動している人々の熱意や思いが伝わってくる。





    詳しい話はプライバシーに関わるから出来ないけど、俺が今日思ったのは

    今の社会がどれだけ「壁」に囲まれているか

    ってこと。





    不登校って自分には関係ないって思ってる人、たくさんいると思う。


    失業やフリーターになんて自分はならないと思ってる人、たくさんいると思う。


    うつ病や統合失調症なんて自分とは無縁の病気と思ってる人、たくさんいると思う。


    みんな、そう思っていて、いざ自分がそうなったときに「どうしよう」って考え始める。そんなとき地域で、誰かが救いの手を差し伸べてくれる。
    もちろん全部おんぶすることは出来なくても、もう一度立ち上がる勇気をくれる場所がある。それって実はすごくありがたいこと。

    でも今君が政治に興味がなかったり、他の人なんて知らないと言うならば、きっといつか君が困ったときに助けてくれる人はいないだろう。


    君の街の選挙の投票率がどれくらいか知っているかな?
    どれだけ多くの人が選挙に行かないか知っているかな?

    世の中は一部の人が動かしている。その人たちが困った君を「知らない」と言えば君が助けられることはない。
    そんなの嫌だ、と思ったらまずは自分が動かなきゃ。

    って、俺は自分で自分にメッセージを発信しながら今何が出来るか、どうしたいかを必死で考えているんだけど、いまいち政治って物がよくわからない。それだけ閉鎖的な世界なんだとも思うけど、いつか君達が喜んで投票所にいき、お互いの思いを一票に託せる世の中をつくるためにもまずは俺がそれを学びたい。


    幸い俺の身近に話を熱心に聞いてくれる議員の人がいる。
    でも、その人の所に来ない人の話を聞いて回るほどその人も余裕がない(そりゃ人間だもの当然か)


    いつか今の自分の同じようなことを考え、「俺も自分の力を誰か困ってる人のために使いたいです!」って言う人が現れたとき、「じゃあ一緒にやろうぜ!」っていえる自分でありたい。

    活動しながらそんなことを考えた。
    (≧∀≦)ノ

    にほんブログ村 教育ブログへ
    投票する
    人気ブログランキングへ
    投票する
    | Let's 街づくり! | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    トラックバック機能は終了しました。
    このページの先頭へ