国会議員の方と会う! | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 魚には味がわかるのか? | main | 待ち時間について 巣鴨中H21国語 >>
国会議員の方と会う!
0
    今日は生徒のお母さんの紹介である元衆議院議員の方とお会いする機会を頂いた。

    教育の現場からの改革を目指して、政治を学び始めて、今まで地域ボランティア、教員の方々、市議会議員、選挙立候補者、など実に様々な人たちに連絡し直接会って話をしてきた。どの場でも俺は俺の思うことをぶつけてきた。

    今回は衆議院議員を3回も務めた方。ちょっと緊張気味で会場へ。
    (こんなチャンス二度とないと授業を無理言ってずらしてもらいギリギリセーフで到着)

    早速話が始まった。

    男女子供赤ちゃん

    話をしていく中で実際に政治の現場で国民の声を聞いてきた人の生の声を聞かせてもらい、体が震えた。

    政治というのは実感がわかりづらい。
    税金を集めてそれを一体何に使っているのか?

    でも気付かないところで必ず政治は行われている。
    普段通勤、通学している道路。アスファルトによる舗装はいたるところまで行われている。
    街の図書館、博物館、勉強したいと思う人にとっては最高の場所。
    みんなが通った小中学校。教科書も税金によって賄われている。
    その他にも俺が親になって気付いたのは乳幼児の治療費って無料か無料に近い状態になってるんだ。
    みんなの安全、安心を守る警察官、消防士、自衛官が今日も「もしも」に備えて訓練をしている。

    政治家っていうのは誰か個人の利益のために動くのではなく「みんな」のためになることを決定し、行動していくんだ。
    それが道を間違えば「特定の誰か」のために、もしくは「自分」のために行動してしまうことがある。
    その違いが難しい。



    「権利」っていうのはもちろんみんなの要望を全部かなえるのが理想なんだけど、そうそううまくはいかない。(生命の安全とかは全員の権利を守っていかないといけないけどね)
    誰かの権利を守ることで誰かの権利がかなわないことがある。
    高齢者への福祉を重視すれば若者への補助が少なくなる。子どもへの手当てを増やせば高齢者への補償が少なくなる。予算という「お金」は限りのあるものだから、それをお小遣い帳のように計画を立てて使っていかないといけない。
    そのためにみんなが「議論」するんだ。
    政治家はその代表にすぎない。
    みんなも一人一人その議論に参加していいんだよ。
    もっとこういう社会でありたい。
    こういう困っていることがある。
    そんな意見をどんどんぶつけていい。
    それが自分だけが得するものでない限り、自分と同じ考えの人が集まって大きな意見となる。そしてそれが実現していく。それが政治だ。




    俺も今まで誤解していたけど、「どういう社会をつくろう」ってワガママでいいんだ。例えば俺は「もっと質の高い教育を」って主張してる。子どもにも高齢者にもお父さんお母さんにも、自分の人生を充実させるために多くを学び、生活に生かしていける環境をつくってあげたいと思っている。

    もしかしたら「そんなことよりも医療問題が先だ」って言う意見もあるかもしれない。でもいいんだ。そこから議論が始まるんだから。そうやって民主主義の過程を経たものが実現されていく。それがこの日本で行われている民主主義の政治なんだ。

    だから今までのように国民が意見を言わない状況だと一部の人たちの意見だけで物事が決まってしまう。それは困るよね。
    これを読んでる、まさに君が意見をもってそれを主張していく社会こそよい社会なんじゃない?




    俺が日々考えていること、これからやろうとしていることを4時間も話し、廻りのお客さんが誰もいなくなった頃にこの会は終わったんだけど、それをちゃんと聞いてくれて、「君のような若者がいることに安心した」とおっしゃってもらった。俺もすごくうれしかった。


    全くの素人から初め、色んなことを勉強した。まだまだこれから学ばなければならないことはたくさんあるけど、でも「やればできる」んだ。君達の手本であるように俺も未知の世界への限りない挑戦を続けるよ。一緒に頑張っていこうぜ!
    (≧∀≦)ノ

    にほんブログ村 教育ブログへ
    投票する
    人気ブログランキングへ
    投票する
    | Let's 街づくり! | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









    トラックバック機能は終了しました。
    このページの先頭へ