校長が語る歴史シリーズ「鎌倉時代ぁ | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 春のおさんぽ | main | SLAM DUNK(スラムダンク) >>
校長が語る歴史シリーズ「鎌倉時代ぁ
0
    鎌倉時代

    前回までのお話
    将軍が不在になって承久の乱が起こったけど、そこはなんとか北条氏の執権政治で乗り越えた鎌倉幕府。
    でも災難は次から次にやってくる(泣)
    海の向こうでは「元」という国がアジアからヨーロッパまで次々と支配地域を広げて行ってるらしいんだ。
    でもまぁ日本にはやってこないでしょ。こんな島国だし。
    っていってたら、、、、キター!びっくり
    日本に元の皇帝フビライハンから「服従してねハート」って言うお手紙が来ちゃったからさぁ大変!


    元の要求にシカトかました執権北条時宗
    すると1274年元は支配下の高麗を引き連れて実際に攻めてきた!

    1274年文永の役!

    元・高麗軍はその数3万、博多湾にはずらりと船団が並んだ
    船船船船船船船船船船船船船船びっくりびっくりびっくり

    元軍隊との勝負のときが来た!いざ勝負。
    鎌倉武士は名乗りを上げた。
    「やぁやぁ我こそは、、、ぐえ!」冷や汗
    元の兵士は突然攻撃してきた!しかも複数で。
    「卑怯なりぃ!」バタッ撃沈

    そう、日本の武士と元の兵士では戦い方が違ったのだ。
    戦争に慣れている中国の武士は集団戦法ぶーぶーぶー を取った。
    しかも小型の爆弾であるてつはう雷 を巧みに使って鎌倉の武士を苦しめた。

    もはや日本もこれまでか!日本の武士が疲れ果て、次の日の総攻撃に覚悟を決めたその朝、、、海には誰もいなかったびっくり
    前日の夜の暴風雨で元の船団は壊滅していたのだ!ラッキー!

    中国国内の反乱が激しくなった元はひとまず日本侵略を諦め撤退する。
    しかしこのままではすまさんぞ!とまたやってくる可能性は大きい
    (ってか絶対やってくるでしょ)

    そこで日本は再び来る元の襲来に備えて防塁・石塁という防御施設をつくった。

    よっしゃ!これでいつ元が来ても安心。日本は御家人総出撃(4万人も!)で準備万全だった。

    そしたらやっぱり、キター!悲しい

    1281年 弘安の役

    しかも今度は 14万人 の大軍隊で冷や汗

    やばい!これはやばすぎる!絶対アカンやろ!うわー!ってなったそのとき、、、
    海は荒れ狂い、元の船は次々に沈没、、、。
    元の戦死、溺死、11万人撃沈
    奇跡だ!日本はこの暴風雨によって守られたんだ。
    この風を神風と名づけよう、って神国日本が出来上がったわけだ。
    まぁ元がやってきたのが台風がたくさんやってくる夏から秋ごろだったということなんだけど、偶然の一致で日本は難を逃れたわけだ。

    いやぁよかったよかった。北条氏もひとまず安心、、、

    って安心できなーい!冷や汗

    幕府には今回の戦役での恩賞を求めて御家人がわんさか来てる。
    楽しい「俺は今回元の兵士から日本を守ったぞ!どれだけ恩賞が出るか楽しみじゃ」
    嬉しい「わしもじゃ。わしはあのてつはうという武器をも恐れず立ち向かったぞ!」

    え?恩賞?ふぅ〜ん 聞いてないよ、、、

    元軍隊から日本を守ることでいっぱいいっぱいだった鎌倉幕府。
    敵を追い払っただけで新しい領地は手に入れてないのに、御家人は「奉公」したんだから「御恩」をくれとやってきている。どうしよう?



    鎌倉幕府に最大のピンチが訪れる。次回鎌倉幕府最終回。
    (≧∀≦)ノ

    にほんブログ村 教育ブログへ
    投票する
    人気ブログランキングへ
    投票する

    | 歴史 | 03:39 | comments(0) | trackbacks(1) | - | -









    http://kotyoblog.jugem.jp/trackback/1237237
    ?CP0909210P0Di7D05704F05908B
    鎌倉に関連した記事ってネットには沢山ありますよね、最近私が鎌倉関係で見ているブ...
    | 鎌倉 | 2009/04/13 6:07 AM |
    このページの先頭へ