Let's 街づくり! | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
習志野市で行われている地域ボランティアに参加!
0
    今日は習志野市で行われている「you and me ドット たまり場」という団体に参加してきた。

    引きこもりや、ニートの子どもを抱えた経験のある方や現在抱えているお母さんたちが中心となって活動しているグループだ。


    その会で2時間ほどスタッフの方々とお話をしたんだけど、俺も不登校の生徒と何人も出会ってきて、再登校したりもう一度社会復帰するのを応援してきたから、すごく活動している人々の熱意や思いが伝わってくる。





    詳しい話はプライバシーに関わるから出来ないけど、俺が今日思ったのは

    今の社会がどれだけ「壁」に囲まれているか

    ってこと。





    不登校って自分には関係ないって思ってる人、たくさんいると思う。


    失業やフリーターになんて自分はならないと思ってる人、たくさんいると思う。


    うつ病や統合失調症なんて自分とは無縁の病気と思ってる人、たくさんいると思う。


    みんな、そう思っていて、いざ自分がそうなったときに「どうしよう」って考え始める。そんなとき地域で、誰かが救いの手を差し伸べてくれる。
    もちろん全部おんぶすることは出来なくても、もう一度立ち上がる勇気をくれる場所がある。それって実はすごくありがたいこと。

    でも今君が政治に興味がなかったり、他の人なんて知らないと言うならば、きっといつか君が困ったときに助けてくれる人はいないだろう。


    君の街の選挙の投票率がどれくらいか知っているかな?
    どれだけ多くの人が選挙に行かないか知っているかな?

    世の中は一部の人が動かしている。その人たちが困った君を「知らない」と言えば君が助けられることはない。
    そんなの嫌だ、と思ったらまずは自分が動かなきゃ。

    って、俺は自分で自分にメッセージを発信しながら今何が出来るか、どうしたいかを必死で考えているんだけど、いまいち政治って物がよくわからない。それだけ閉鎖的な世界なんだとも思うけど、いつか君達が喜んで投票所にいき、お互いの思いを一票に託せる世の中をつくるためにもまずは俺がそれを学びたい。


    幸い俺の身近に話を熱心に聞いてくれる議員の人がいる。
    でも、その人の所に来ない人の話を聞いて回るほどその人も余裕がない(そりゃ人間だもの当然か)


    いつか今の自分の同じようなことを考え、「俺も自分の力を誰か困ってる人のために使いたいです!」って言う人が現れたとき、「じゃあ一緒にやろうぜ!」っていえる自分でありたい。

    活動しながらそんなことを考えた。
    (≧∀≦)ノ

    にほんブログ村 教育ブログへ
    投票する
    人気ブログランキングへ
    投票する
    | Let's 街づくり! | 02:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    介護予防教室に参加!
    0
      今日は地元松戸市で行われた介護予防教室に参加してきたよ!

      kaigo

      今回はおじいちゃんおばあちゃん達と「音の実験」をした。
      身近にあるものを使って面白い音が出るものを作っていく。
      風船のビニールやサランラップの芯とか、ジュースの入れ物とか、、、

      oto

      小学生の理科イベントでもよくやる実験、おじいちゃんおばあちゃんもとても楽しそうに作ってた。

      そしてその後はみんなでサンバのリズムに合わせて踊ってみる(笑)
      俺の近くにいたおばあちゃんは「運動するの久しぶりだから怪我しないか怖いわぁ」なんていいながら顔はメチャクチャ楽しそうだった(笑)


      高齢化社会、と言われて、学校でも授業で習って。
      でも実際に自分のおじいちゃんおばあちゃんはお父さんのほうと、お母さんのほうので4人だけ。これじゃああんまり「高齢化」は実感しないよね。


      でも同じ地域に住むおじいちゃんおばあちゃんと接してみるとその実感をすごく持つことができる。
      そして、単なる授業で覚えた知識ではなく、実際に高齢者の方々に起こる問題を一緒に考えることができるんだ。

      松戸にある団地では高齢者の孤独死が問題になっていた。
      ちょっと時間をかけて車でいけるショッピングモールが人気になるから、商店街がさびれていってる。買い物をするにも一苦労だ。
      人との接点が少ない都市では親戚が訪ねてこないとコミュニケーションの接点がないという方も多い。そしてオレオレ詐欺や、訪問勧誘販売などにだまされてしまったりする場合もある。



      もっともっと若い人の力が必要だ。
      同じ地域に住んでるんだから、もっともっと仲良くしてもいいと思う。

      年金問題で若い人の負担が増える、、、
      高齢者医療で自分たちの健康が不安になる、、、

      若い世代も、高齢者も、お互い不安を持っている。
      だからこそ、付き合いをもっと深めてお互いに意見を言えるようになればいいと思う。
      その糸口を見つけながら俺もボランティアに貢献しているんだ。


      おじいちゃんおばあちゃん、いつまでも元気でいてねー!
      (≧∀≦)ノ

      にほんブログ村 教育ブログへ
      投票する
      人気ブログランキングへ
      投票する
      | Let's 街づくり! | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      国会議員の方と会う!
      0
        今日は生徒のお母さんの紹介である元衆議院議員の方とお会いする機会を頂いた。

        教育の現場からの改革を目指して、政治を学び始めて、今まで地域ボランティア、教員の方々、市議会議員、選挙立候補者、など実に様々な人たちに連絡し直接会って話をしてきた。どの場でも俺は俺の思うことをぶつけてきた。

        今回は衆議院議員を3回も務めた方。ちょっと緊張気味で会場へ。
        (こんなチャンス二度とないと授業を無理言ってずらしてもらいギリギリセーフで到着)

        早速話が始まった。

        男女子供赤ちゃん

        話をしていく中で実際に政治の現場で国民の声を聞いてきた人の生の声を聞かせてもらい、体が震えた。

        政治というのは実感がわかりづらい。
        税金を集めてそれを一体何に使っているのか?

        でも気付かないところで必ず政治は行われている。
        普段通勤、通学している道路。アスファルトによる舗装はいたるところまで行われている。
        街の図書館、博物館、勉強したいと思う人にとっては最高の場所。
        みんなが通った小中学校。教科書も税金によって賄われている。
        その他にも俺が親になって気付いたのは乳幼児の治療費って無料か無料に近い状態になってるんだ。
        みんなの安全、安心を守る警察官、消防士、自衛官が今日も「もしも」に備えて訓練をしている。

        政治家っていうのは誰か個人の利益のために動くのではなく「みんな」のためになることを決定し、行動していくんだ。
        それが道を間違えば「特定の誰か」のために、もしくは「自分」のために行動してしまうことがある。
        その違いが難しい。



        「権利」っていうのはもちろんみんなの要望を全部かなえるのが理想なんだけど、そうそううまくはいかない。(生命の安全とかは全員の権利を守っていかないといけないけどね)
        誰かの権利を守ることで誰かの権利がかなわないことがある。
        高齢者への福祉を重視すれば若者への補助が少なくなる。子どもへの手当てを増やせば高齢者への補償が少なくなる。予算という「お金」は限りのあるものだから、それをお小遣い帳のように計画を立てて使っていかないといけない。
        そのためにみんなが「議論」するんだ。
        政治家はその代表にすぎない。
        みんなも一人一人その議論に参加していいんだよ。
        もっとこういう社会でありたい。
        こういう困っていることがある。
        そんな意見をどんどんぶつけていい。
        それが自分だけが得するものでない限り、自分と同じ考えの人が集まって大きな意見となる。そしてそれが実現していく。それが政治だ。




        俺も今まで誤解していたけど、「どういう社会をつくろう」ってワガママでいいんだ。例えば俺は「もっと質の高い教育を」って主張してる。子どもにも高齢者にもお父さんお母さんにも、自分の人生を充実させるために多くを学び、生活に生かしていける環境をつくってあげたいと思っている。

        もしかしたら「そんなことよりも医療問題が先だ」って言う意見もあるかもしれない。でもいいんだ。そこから議論が始まるんだから。そうやって民主主義の過程を経たものが実現されていく。それがこの日本で行われている民主主義の政治なんだ。

        だから今までのように国民が意見を言わない状況だと一部の人たちの意見だけで物事が決まってしまう。それは困るよね。
        これを読んでる、まさに君が意見をもってそれを主張していく社会こそよい社会なんじゃない?




        俺が日々考えていること、これからやろうとしていることを4時間も話し、廻りのお客さんが誰もいなくなった頃にこの会は終わったんだけど、それをちゃんと聞いてくれて、「君のような若者がいることに安心した」とおっしゃってもらった。俺もすごくうれしかった。


        全くの素人から初め、色んなことを勉強した。まだまだこれから学ばなければならないことはたくさんあるけど、でも「やればできる」んだ。君達の手本であるように俺も未知の世界への限りない挑戦を続けるよ。一緒に頑張っていこうぜ!
        (≧∀≦)ノ

        にほんブログ村 教育ブログへ
        投票する
        人気ブログランキングへ
        投票する
        | Let's 街づくり! | 15:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        花火大会!
        0
          今日はちょっと一息入れて先日行われた松戸の花火大会の写真でも見て!

          hanabi

          hanabi03

          最近あちこちの花火大会が中止になっているのを知ってるかな?

          夏の風物詩だった花火大会が年々少なくなっている。
          それは地方財政が厳しくなっているからだ!

          お祭も、花火大会も、みんなを楽しませようとしている街の人たちの力があって初めてできるもの。俺も子どもの時には何にも考えなかったけど、今は君達やもっと次の世代にも「日本の夏」を味わってほしい。
          だから今度は俺達が街のイベントに積極的に参加しないといけないんだろうね。俺も子どもが大きくなったら子ども会とか町内会に顔をだして一緒に運営して行きたいと思う。(どんなに忙しくても、みんなの街だから参加しないといけないんだと思うんだ)
          今も参加したいんだけど、いまいち行政とか町政ってのはよくわからなくて(泣)最近やっと市内のボランティアを探し当て活動を始めたところだから、少しずつその活動を広げていこうと思ってる。
          そしていつか君達が同じように参加していく頃に、今の俺がどうやって社会に関わっていくかを参考にしてもらいたいんだ。今の俺は手探りだけれど、君達の時代にはもっと誰もが社会作りに参加できるように。俺も頑張るぜ!
          (≧∀≦)ノ

          にほんブログ村 教育ブログへ
          投票する
          人気ブログランキングへ
          投票する
          | Let's 街づくり! | 04:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          熱い鍼灸の先生と会う!
          0
            今日は地元松戸市の地域医療や健康の管理・増進をめざしている
            佐藤真之輔先生にお会いしてきた!
            HPはココ(http://www.tskac.com/

            「鍼灸院」ってあまり聞いたことがないかもしれない。正直俺もそんなに詳しい方ではない。
            「針治療」っていう医療があるんだけど、鍼灸というのはこの「針」と、お灸をすえるの「灸」を行うことによって体の色々なトラブルの治療を行うことができるありがたーいものなんだ。

            もちろん人の体や健康に関するものだから誰でもってわけには行かない。
            「鍼灸師」という資格を持った人が正しい知識の元、行っているんだ。

            今日はその院長先生にお会いしてきたよ。
            tosaka

            先生は若かった!
            でも勉強家で院を経営する傍ら通信制の大学で勉強をしているほど。
            その点は俺も現在通新制大学7年生(泣)
            勉強好きの血が騒ぐわけですよ(笑)

            そんな佐藤先生が教えてくれた「針治療」の今。
            俺は針ってプスって刺すあの針かと思っていたら、今の針は違ったんだ。
            このページに詳しい内容がのっているよ
            でこぼこのあるローラーのようなもので部位を刺激していく。
            ゴリゴリゴリゴリ、、、

            痛くない!(笑)

            なんか針治療ってすんごく痛いんだろうなっていうイメージがあったけど一気に崩れた。
            その治療でぎっくり腰などはもちろんお肌のケアやアトピー、糖尿病の症状にも効果があるらしい。


            一応生物をかじった俺が聞いていて面白いと思ったのは
            「皮膚に刺激を与えることによって神経に作用をさせる。血管を広げたりすることで内臓などにも働きかけることができる」
            と言うお話だった。

            まだまだ認知の少ない「鍼灸」の世界で若武者が一人その普及に熱く挑戦している。俺も教育界を変えていく若武者として熱く語った(笑)

            先生がこんな記事を書いてくれたのでそれものっけておくねー。
            http://tosakacom.blog49.fc2.com/blog-entry-170.html
            今後先生は神経などについてもっともっと学び、治療に活かし次の世代の育成まで行いたいと考えていた。「まずは自分の道を究め、そして後世に生かす」考えてることは同じだね!そういう人がいることにすごくうれしくなった。

            同じ地域に、色んな人がいる。
            街や社会はひとりで作れるものではない。
            だからどんな人がいてどんなことを頑張ってるのか自分の目で確かめながらみんなで作り上げていきたい。それが俺の理想。
            教育も医療も福祉もすんごく大事な世の中の要素、
            一部の人たちの利益になってはいけないものだ。
            だから自分でもできることから俺は始めている。
            また一人「熱い人」リストに名前が刻まれた。

            (≧∀≦)ノ

            にほんブログ村 教育ブログへ
            投票する
            人気ブログランキングへ
            投票する
            | Let's 街づくり! | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            外国人のための授業〜夏休み講座〜
            0
              今日は夏期講習の合間を縫って以前にも参加した
              「外国人の子どものための勉強会」
              http://www011.upp.so-net.ne.jp/forienchild/
              に参加してきたよ!

              今日は夏休みと言うこともあってかなり多くの(3,40人くらいはいたんじゃないかな?)生徒が勉強しにきていた。

              俺もその輪の中に混じって中国出身の女の子や、フィリピン出身の女の子に数学を教えたりした。

              この貴重な体験は俺自身にもすごく勉強になる。

              親の仕事の都合で引越す。もしかしたらみんなにも経験があることかもしれない。でもその行き先が海外だったら?
              言葉がしゃべれない。
              食べ物が合わない。
              友達がいない。
              地理が分からない。
              そんな中で中学、高校時代を過ごすとなったら?


              彼らはそのような状況の下、全然そんなそぶりは見せないけどかなりの努力をして勉強しているんだなぁって思う。

              頑張って俺の話す日本語を理解しようとしている生徒達。
              中国語が分かるサポートの人と話すときは顔が生き生きする。
              (やっぱり自分の国の言葉が一番いいんだなぁ)

              それでも彼らはこの国で生きていかなければいけない。
              そんな彼らに何か手伝ってあげることができたら。
              そう思って俺もこの活動に参加を始めたんだけど、同じように
              この社会の中には自分ではどうしようもないことに悩み苦しんでいる人がたくさんいるんだ。その全部が救えるなんて俺も思っちゃいないけど、
              俺が知ってること、学んできたことを少しでもそこに活かせるなら
              出し惜しみしないで出していこうと思うんだ。

              俺の夏休みの予定は一日大体14時間授業の超ハードスケジュール(泣)
              予定表ももう真っ黒。
              それでもいけるときにはいって教えてあげたい。

              いつか自分で無料の講習も開いていこうと思う。

              勉強って誰でもいつでもどこでもできるもの。
              お金持ちでも貧しくても平等にできるもの。


              俺はそう思っている。それを実行していかないといけないと思っている。
              いつか君達が大学生になって学んできた知識を活かせる場を見つけたら惜しみなく参加してほしい。君が今学んでいるその知識を、今の君と同じように必要としている子は必ずいるはずだから。
              (≧∀≦)ノ

              にほんブログ村 教育ブログへ
              投票する
              人気ブログランキングへ
              投票する
              | Let's 街づくり! | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              夏祭り!
              0
                今日は地元松戸、小金原団地祭りがあった!

                matudri

                思えば20数年前、俺がまだ小学校に入る前から毎年夏は「中央公園」で行われるこの祭りに行くのが楽しみだった。

                金魚すくい、カタヌキ、くじ、わなげ、いい賞品はなかったけど楽しかった。

                いか焼き、たこ焼き、焼きそば、カキ氷、普段食べていても祭りで食べる味は格別だった。

                そんな地元の祭りに、実に15年ぶりくらいに行ってみた。

                maturi

                「東京音頭」や「アラレちゃん音頭」懐かしいメロディが流れる。
                いつまでたっても変わらない「日本の夏」がここにあった!

                yukata02
                1歳の娘も初浴衣!

                小学校の頃大好きだった祭りも、中学になり、高校になり、大学になってあんまり行かなくなった。きっとやることがたくさんできて行く機会がなくなってしまったんだと思う。
                でもこうしてまた祭りに帰ってくると、今度は子どもの頃とは違った目で祭りを見ることができる。
                自分が楽しむためじゃなく(自分も楽しいんだけど)、娘が喜ぶ姿をみるのがうれしくなる。それと同じように、

                祭りに加わる「人」の一人一人がとってもいい顔をしているのがうれしくなる!

                長引く不況で自治会の経費も厳しい状況が続いているという。
                実際そういう団体を運営しているかたがも高齢化が進んでいる。
                でも、その人たちの頑張りあってこそ、今年も祭りは盛大に催される。
                すごく感謝しなくてはいけない。そして、
                俺もその伝統を引き継いでいかないといけない歳になったんだ。
                君ら下のものを精一杯楽しませるために。
                伝統は受け継がれていく、、、。

                さぁ若い人たちよ!
                今年の夏をめいっぱい楽しもう!
                勉強も遊びも恋も花火も海もプールも!
                そしていつか楽しい夏を次の世代に教えてあげよう!
                日本の夏はこんなにも熱く楽しいって事を。

                (≧∀≦)ノ

                にほんブログ村 教育ブログへ
                投票する
                人気ブログランキングへ
                投票する
                | Let's 街づくり! | 01:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                このページの先頭へ