LOVE OTHERS | 校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
世界一のミュージシャンに出逢う!
0

    【世界にNever Again】
    数年前、僕の友達マリーさんが1つの曲を紹介してくれた。

     

    その曲を聴いた時、身体中に稲妻が走った。

     

    「there should be no war. there should be no genocide.」
    (戦争があってはいけない。 ジェノサイドがあってはいけない。)

     

    その歌ではっきり歌われているのを聴いた。

    それからこの歌を歌う歌手、I am blamelessは僕が世界で一番尊敬する歌手になった。

     

    https://www.facebook.com/nakayoshigakuen/videos/1678078999004484/

     

     

    それから数年、僕は彼に連絡を取り続けた。

     

    5歳の娘とカンボジアで初めて活動を開始した。

     

    カンボジアの英雄Aki Ra。教科書にも載っている人物が今、僕の親友になってくれた。

    彼と一緒に地雷撤去後の大地に学校を建て、応援していくプロジェクトを行なっている。

     

     

    実際に人を殺した銃の重み。

    怖い。それが戦争。その命の重みを忘れてはいけない。

    なかよし学園全ての塾生にそれを学んでもらった。

     

     

    愛に溢れたルワンダの生徒たち。

    愛は地球を救う。本当だよ。

     

     

     

    国際連合にあるねじ曲げられた銃のモニュメント。

    Education is the most powerful weapon when you use to change the world.

    教育はあなたが世界を変えるためにそれを使うとき、最も強力な武器となる。

     

     

     

     

    アウシュビッツ強制収容所。

    罪もなき人が無条件に殺されることをジェノサイド(虐殺)という。

    いかなる命も軽く扱われてはいけない。

    いつの時代も。

     

     

     

     

    ベルリンの壁。

    この広い世界で、人間が勝手に境界を引く。

    でも、心には壁なんてない。

     

     

     

     

    ドイツベルゲンベルゼンにある、アンネフランクのお墓。

    少女の勇気ある闘いに敬意を表して。

     

     

     

     

    カンボジアのキリングフィールド。

    大人も子どもも関係なしに、まるで作業のように殺されていく。

    そんな事が二度と起こってはいけない。

     

     

     

    子どもが武器を持たされ、戦場の最前線に送られる。

    命が軽い。

    違う。子どもは未来のタネ。最も重い存在なんだ。

     

     

     

    Aki Raの地雷博物館。

    彼は目の前で親を殺され、自らも誘拐され少年兵に。

    そして戦争後、ずっと地雷を撤去し続けてきた。

    すごい。すごすぎる。世界にはそんな人物がいる。

     

     

     

     

     

    友達のベル。

    彼は地雷で足を失っても、大好きなバスケットを諦めない。

    車椅子バスケチームを作って、キャプテンをやっている。

    彼とバスケットをやるんだ。

    俺は全力で彼を応援する。

     

     

     

     

    ネパールのおばちゃんたち。

    昼間家族のために働いて、夕方から文字や職業訓練を受ける彼女たちは底抜けに明るかった。

    俺の授業にめちゃくちゃ食いついて、どんどん吸収していく。

    そんな彼女たちに勇気をもらった。

     

     

     

     

     

    ネパールでリアルバスケット。

    「何にもないって事、それは何でもありって事。」

    僕は世界中で、小さな奇蹟を起こしてる。

    子どもたちに想像もできない楽しさを授業と共に運んでいる。

    きっとそれは簡単な事なんだけど、みんながやらない事。

    だから自分がやるんだ。

     

     

     

     

    ネパールで大玉ころがし。

    アイデアひとつで笑顔が生まれる。

    何をしようかな、これはきっと喜ぶんじゃないか。

    そう考えるだけでワクワクする。

     

     

     

     

    ブラックライトペンに喜ぶネパールの生徒たち。

     

     

    新しいシューズに喜ぶルワンダの少年。

     

     

    ルワンダでできた娘の友達。

     

    ネパールでできた娘の友達。

     

     

    カンボジアで、地雷原だったところに種を植え続けるおっちゃん。

    「俺の畑見てってくれよ!」

    自信満々に言うその畑はたくさんの芋で輝いていた。

     

     

     

     

    ルワンダの子どもたち。

    彼らの笑顔はどこでも美しい。

    この笑顔を守りたい。

     

    ずっと笑っていたい。

    泣きたいほどの生活をしていることを知っているからこそ、一緒に笑いたい。

     

     

     

    ティーチャー!!

    彼らは俺を覚えてそう呼び続ける。

    そんな声を無視できない。だから何度も行く。新しい授業を引っさげて。

     

     

     

    娘の大好きなルワンダの友達。

     

     

     

     

    ルワンダで初めてできた友達。

    海外の食事が苦手な俺に、「これはうまいぜ!」って買ってくれて牛串。

    ルワンダで一番好きな食べ物になった。

     

     

     

    ハミガキ一つで健康が守れるなら俺にも守ってあげられる。

    俺にも教えることができる。

     

     

     

     

    笑ってる時の顔に国境はない。みんないい顔をしている。

     

     

     

     

    僕にも夢がある。

    でも、その夢は叶ったよ。

    僕の子ども達は人種も国境も越えて、友達を作った。

    本当に多くの友達と一緒に遊んでいるんだ。

    本当に嬉しい。

     

     

     

    地雷やジェノサイドで体の一部を失っても、彼らは強い。

    そんな彼らの強さが僕に勇気をくれる。

    本当に彼らは美しい。

     

     

     

    子どもに武器を持たせて、誰かを殺させる。

    そんな酷いことを考えて実行してしまうのが戦争。

    二度とあってはいけない。

     

     

    だから僕は歌い続ける。

    平和の歌を。

    「世界に一つだけの花」を。

     

     

     

     

     

     

     

     

    僕が世界で活動する様子を彼に示して、彼に会いたいとの旨を伝えた。

     

     

     

     

    そして、そして、なんと今回、このルワンダで、僕と娘は彼に会うことができた!!!

     

     

     

     

    彼の歌「we brought you flowers」を覚えて歌う6歳の娘と、この歌を作ったblamelessが、奇蹟とも言える出逢いを果たした。

     

     

    是非、その様子を見てください。

    https://www.facebook.com/nakayoshigakuen/videos/1678078999004484/

    僕は涙が止まらなかった。

     

    こんな小さい娘が、頑張って覚えた「ネバーアゲイン、ジェノサイド」。

    もう誰も殺されて欲しくない。死んで欲しくない。

     

     

     

     

    こうして僕はblamelessと友達になった。

     

     

     

    僕はこの歌を世界中で歌いたい。
    この歌は世界中の人が聴くべきだと思う。

     

     

     

    みなさん、是非この歌を聴いて下さい。

    https://youtu.be/aei4qMXxRpE

     

     

    この投稿をシェアして下さい。
    世界から戦争を、ジェノサイドを無くしましょう。

    全くその事実を知らない人に「no war.」「no genocide.」という言葉を教えましょう。

    お願いします。

    | LOVE OTHERS | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    チョコ嫌いの父へのバレンタイン
    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      Happy Valentine's Day!

       

      昔はチョコをどんだけもらったかで心トキメかせてた俺も、38になった今は

      生徒達の一喜一憂をほほえましく眺めてるぐらい。

       

      でも今年は、そんな俺の胸がキュンキュン熱くなるプレゼントをもらった!

       

       

       

      高校の授業が終わって、久々に早めに帰宅すると娘達が

       

      「ハッピーバレンタイン!」

       

      って。

       

      でもお父さん、チョコはあんまり食べないぞ。

       

       

       

      いいからいいからとリビングに引っ張られる俺。

       

      食卓にはリボンで結んだ焼き鳥が3本。

       

       

      娘達が1人1本、自分のお小遣いで買ってくれたそうな。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      「本命」ヤキトリ、いただきました!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

      | LOVE OTHERS | 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      成人式。大人になるって、、、
      0

        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        今日も朝から授業!

         

        いつも通る道路に今日は晴れ着姿の女の子が目立つ。

         

        そうだ、今日って成人の日だった。

         

         

         

        昔々、、、っていっても2000年以上も前の縄文時代の話。

        日本の成人式って「抜歯」だったって知ってる?

         

        せいじんおめでとー!

         

        って歯を抜く((((;゚Д゚)))))))

         

         

        怖すぎる、、、

         

         

         

        でも今でも世界にはいろんな成人式があるんだ。

         

         

        オセアニアの先住民達が行っていた成人式が「バンジージャンプ」((((;゚Д゚)))))))

        度胸試しだったんだね。

         

         

        どっか忘れたけど、木の棒を渡されて殴り合って、勝った方が成人と認める部族もいる。

         

         

        大人になるって昔は大変だったんだね(≧(エ)≦。)

         

         

         

         

         

        今の日本はそう言う意味では時間さえ経てば、誰でも成人になるから「楽」なように見える。

         

         

         

        でも、違う。

         

         

         

        成人になった人達は、これからは「大人」として見なされる。

         

         

        国民年金収めたり、選挙権をちゃんと行使しようって言われたり、目に見えない責任、義務が背中に乗っかってくる。

         

        何かやらかしたら名前も出るし、家族、親族、みんなにかける迷惑も「子ども」の頃とは全然違う。

         

         

         

         

         

        そんな中、こんな記事を見つけた。

        https://www.buzzfeed.com/daisukefuruta/minami-sanriku-coming-of-age?utm_term=.irP5k5N2R#.immdqdNe9

         

         

        被災地の成人達は、行為もちゃんと「大人」だった。

         

         

         

        子どもが「自分の事」しか考えられないのに対して、

        大人は「自分以外の事」も考えられる。

         

        自分が今、これをやったら誰に迷惑がかかるかな、、、、

        自分が今、こう言う事言ったら相手はどう思うかな、、、

         

        そういう所に気を遣える。

         

         

        逆に、

         

         

        自分がこれやったら、きっとあの人は喜ぶ!

        自分がこれになったら、きっと多くの人が喜ぶ!

        自分がこれを見つけたら、きっと将来の人達の役に立つ!

         

        そう考えて行動できるようになるのも大人の証なんだ。

         

         

         

        実際成人しても「大人」になってない人もたくさんいる。

        20代の人だけじゃ無い。30代にも、40代にも、、、最近は50でも60でも「子ども」がいるからね。

        俺自身も気をつけねば┗(・ω・;)┛

         

         

         

         

        とは言え、成人したみんな、おめでとう!

        今日から一緒に世界を作ろう!ヾ(≧∇≦*)ゝ

        | LOVE OTHERS | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        夢の段ボール!.。゚+.(・∀・)゚+.゚
        0
          JUGEMテーマ:学問・学校

          先日我が家に届いた段ボール箱が2つ、、、


          中を空けてみると



          文房具だ!ヾ(≧∇≦*)ゝ


          カンボジアプロジェクトのために生徒が集めて送ってくれた文房具の山がぎっしり詰まってる!




          来月俺は今年高校を卒業する生徒達と一緒にカンボジアに行ってきます!
          カンボジアプロジェクト2016だ!╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !




          今回もカンボジアの子ども達のために、「未来への種」応援グッズを持っていくよ。
          もっともっとたくさん勉強してもらいたいから。

          この文房具達も、本当に「ほしい!」って言う子ども達の元で、まだまだ働けるチャンスが待ってる!

          おうちに眠っている文房具や本、ノートなどがあればなかよし学園が預かって、世界のもっともっと勉強したいっていう子ども達に手渡してくるぞ!是非参加してね!(..>◡<..)
           
          | LOVE OTHERS | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          なかよし学園カンボジアプロジェクト2015
          0
            JUGEMテーマ:学問・学校

            なかよし学園カンボジアプロジェクト2015

            なかよし学園カンボジアプロジェクトの概要はこちら
            http://www.nakayoshigakuen.net/nakayoshi/sodacambo/


            今年も本当にたくさんの応援グッズありがとうございました!
            僕の活動報告を読んでもらって、多くの人が「これ使えますか?」「こういうの喜びますか?」って頭を悩ませ、「遠いトモダチを応援しよう!」という目的の下に色んな形で参加してもらいました。





























            僕はこの活動を「ボランティア」だとは思っていません。だって、僕らがこの活動を通じて学べること、得られる物は計り知れないから。

            カンボジアって地雷の国でしょ?危なくない?
            途上国でしょ?汚いんじゃない?
            治安悪いんじゃない?

            多分、知らない人は数十年前の内戦直後の話を今でも引きずっているはず。
            でも、僕が実際に行って、本を書いたことで、カンボジアのリアルな現実を学んでくれた人が大勢います。一緒に行きたい!と言う人まで(笑)

            いつか、そんな人達と一緒に、今度は「自分の手で」応援しに行くというのが僕の目標です。僕らはそんな最高の修学旅行を目指しています!

            カンボジアだけじゃない。アフリカや、中東。ISISの厳しい状況下を生き延びた子ども達は必ず復興のために教育が必要になります。誰かが教育を応援しなければいけない。世界中の学びたいけど、学ぶことができない人達を応援したい。だから僕らはずっとこの活動を続けていきます!(。ゝω・。)ゞ

            今日ははるばる茨城から応援グッズを持って来て下さった方もいました。
            ほんとみなさんありがとうございます!
            責任持って届けてきます!(。ゝω・。)ゞ


            LOVE OTHERS for yourself
            | LOVE OTHERS | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            探し物から宝物
            0
              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              教材作るのに必要な資料を探して、家の倉庫を片付けてたら、、、

              色んな思いでの品が出てくるわ出てくるわ(笑)


              教育実習の時の写真。
              通信制高校の先生をやっていた頃の写真。






              って、誰??


              自分で見ても「コレ俺?」って思ってしまう(笑)


              でも、この時から俺の気持ちは変わっていない。
              あの時、生徒達を必死に応援していた俺は今も心の中にいる。
              あれから俺も修行を積んで、できる事がたくさんできた。

              あの時、俺が高校を去ったのは、今の力を手に入れたかったから。

              今ならもっともっと大勢の「あいつら」を応援できる。

              いつも俺の心の中にいる「あいつら」の存在。
              一緒に馬鹿やって、はしゃいで、でもみんな心に「一度学校を辞めた」っていう傷を抱えていて。

              それでも、もう一度勉強の道を選んで高校を卒業しようと本気で頑張ってる俺の生徒達がいた。
              今も全国にいる。
              そんな彼らを俺は自分の生徒だと思ってる。そんな「あいつら」を全力で応援するために俺は日々授業を磨いた。


              体型は変わってしまったけど(泣)
              その時の想いは変わっていない。
              生徒達の寄せ書きTシャツを着て山手線1周分の距離を夜中にみんなで歩いたときと同じ(笑)

              これからも頑張って行こう!
              思わぬ所から出て来た「宝物」に感謝感謝な俺でしたΨ( ̄∀ ̄)Ψ

              やべぇ!仕事しなきゃ!!!!
               
              | LOVE OTHERS | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
              Happy Xmas 2013
              0
                JUGEMテーマ:学問・学校


                i wish your happy Xmas.
                with your dream,
                with your love,
                with your somebody precious,
                i wish your happiness.











                 
                | LOVE OTHERS | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                カンボジアムービーにもらい泣き
                0
                  JUGEMテーマ:学問・学校
                   
                  昨日新しく出会った中学生の生徒にこの動画を見せたら、感動して泣いてた(◕ฺω◕ฺ)
                  そんな姿を見たら、、、俺も泣いちゃうじゃん!(。┰ω┰。)
                  yesterday the student i met first was moved by my movie.
                  seeing him, i also cried...

                  http://youtu.be/LWXVbGeGO5U


                   
                  | LOVE OTHERS | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                  頑張る人がいるから、応援する
                  0
                    JUGEMテーマ:学問・学校

                    寒くなってきた。もうすぐ今年も終わるね。
                    毎年の事だけど俺は新年は3月。入試が終わってから。
                    今年も大晦日もお正月も受験生達と一緒に「まだ春は来てない!」「いい年を迎えようぜ!」って頑張る予定(笑)

                    そんな追い込みをかけるこの時期、なかよし学園英文ドリルを使って頑張ってる生徒達が全国にいるΨ( ̄∀ ̄)Ψ


                    次々に出来上がる「英文ドリル」
                    http://www.nakayoshigakuen.net/nakayoshi/kobaibu/kobaibu.html

                    「高校入試に使いたいんです!」
                    「英語が全然わかんなくて」
                    「一から復習できる本を探してました」

                    そんなメールでドリルの注文が来る。
                    俺が担当している都内の公立中学校でもこの教材を使って授業をしている。
                    そして今、ある企業でも英語を教えていて、そこでこのドリルを使って授業をしている。

                    俺はずっと「もっとわかりやすく」「もっと面白く」を目指して授業をしてきた。
                    それをもっともっと大勢の人に!って思ったから、こういう「本」の形で日本中の生徒と出会う事が出来るようになった。

                    「ドリルを繰り返して文法だけは完璧になりました!後は単語(泣)」
                    「ドリルの説明わかりやすくて面白かった!英語が好きになった!」
                    「えんぴつとけしごむがカワイイ」(←「カッキー」と「ケッシー」だよ!)

                    そんなメールをもらうと嬉しくてたまらない。


                    きっと、人って「頑張ってる人」を応援したくなる生き物なんだ。
                    もうすぐ正月、駅伝の季節だ(笑)一生懸命走っている人を見ると、街頭で旗を振って「がんばれ!」って声をかけたくなる。それと同じ。

                    わからないけど、頭抱えて、一生懸命わかろうとしている人を見ると、応援しないではいられなくなるヾ(≧∇≦*)ゝ
                    だから俺も頑張ってしまう(笑)
                    自分にできる事なら、応援するよ!ヾ(≧∇≦*)ゝ
                    そうやっていつしかそれが「仕事」になった。

                    今日も頑張ってるみんなのため、俺は頑張るさ!
                    きっといつか君も、君を待つ誰かを応援するだろう。
                    君の力で誰かが救えるなら、頑張らずにはいられなくなる!
                    いつかそんな気持ちがわかると思う。

                    その時までは、俺が精一杯応援するぜΨ( ̄∀ ̄)Ψ


                     
                    | LOVE OTHERS | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                    おとうさん
                    0
                      JUGEMテーマ:学問・学校

                      この動画を見て、、、泣いた。
                      お父さんは、どのお父さんも、一生懸命。

                       
                      | LOVE OTHERS | 08:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
                      このページの先頭へ